Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kafuka0206.blog48.fc2.com/tb.php/34-8567affd

-件のトラックバック

-件のコメント

[C56]

客に対して「だからなんですか?」ってのは絶対おかしいですって。
マニーさんのほうが正しいですよ☆不動産なんだから客の言いたいことわかるだろ~って僕なら切れますwwwwww



まにーさん3ヶ月も人とあまり話していないなんて…………





さすがですwww
  • 2007-02-01
  • にゃん2
  • URL
  • 編集

[C57]

論理的な話し方と感覚的なものを使い分けるようになれるのが一番いいよね。

どちらも万能ではないから。

けど、その不動産屋はバカだと思うw
まにー悪くないw
  • 2007-02-01
  • もりた
  • URL
  • 編集

[C58]

>にゃん

やっぱ、そうなのかなぁ。いや、最近そういうコミュニケーションの齟齬に対してかなり敏感だったからさ。まぁ、言われてみればあっちも客商売なんだし、もう少し丁寧な対応もあっていいよなって思う。(@◇@)

>もりた

ホントどうでも良いんだけど、最近生きる上での芸術性に関心があるんだよね。なんていうかな、つまり生きること自体がひどく芸術的に認識されるべきだと思うんだよね。趣味にしても仕事にしても常に僕達は自己を表現する必要があるじゃないかって思う。タイピングをする、計算式を解く、モノを持つ、服を着る。それら全てに対して自分なりの芸術性を求めればこの世界はもっと主体的なものになるんじゃないかって思う。

ただ、問題は表現の根底にある動機は「他者の共感」であるということ。つまり幾ら自己を表現してもそれが他者に伝わらない限り、僕達のアイデンティティは満足されない。すっごく変な言い方だけど、アイデンティティって有機的な存在なのかもしれない。それは常に拡大を求めて、他者という触媒を求めている。結局これは自分という表現主体がそれ単独ではひどく不安定なことに起因するのだと思うのだけれど、まぁとにかく人に共感されるというプロセスを経ない限りあらゆるものは無価値になってしまう。

そこで、論理の必要性が生まれてくるんだよね。やっぱし、自分の頭で抱いている心象風景を他者に伝えるには、抽象的な意味合いでの「簡素さ」が必要になる。つまり、別に論理って崇高なものではなくて、あらゆる現象を簡単化したひどく世俗的なものなんだよね。

ただまぁ、その簡素化も出来ないと意味が無いわけで、あぁホントに論理トレーニングでもやるかなって感じww

以上駄文でした。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

考えるとか。

そういえば昨日、三ヶ月ぶりぐらいに
人と10分以上話しました。


合計すると、3時間ぐらい話したのかな?
いやはや、喋りベタの僕がそこまで長時間喋られるのは
殆ど奇跡に近い事でした。



最近に始まった事ではないけれど、僕は人に何かを伝えるのが
とても苦手です。最近は引っ越しの関係で色々な方面に電話をかけるのだけれど
いつも上手く伝わらなくて四苦八苦しています。
一番衝撃的だったのが、個人の不動産に電話したとき

「部屋を探しているものなんですが、」

と言って、その後は何かしら相手が話を続ける返答をしてくれると
期待していたんですね。「あぁ、どんな部屋がいいですか?」みたいに。
でも、現実の相手の返答は


「・・・だから何ですか?」


でした。結構衝撃的。

こういう風に言われたのは
バイト面接のために電話した時もそうだった。
結局の所、凄く基本的な文法を直す必要があるっていうこと。

口癖で「~なんですが。」と
止めてしまうことが多いけれど、これだとどうしたいかが
相手に伝わらないのですね。だから相手を困らせてしまう。

しっかり、「新しい部屋を探している者ですが、そちらの物件で気に入ったものがあったので、詳しい資料を送って頂けませんか」という感じに5W1Hを意識した言い方をしないと相手にしっかり伝わらないのですね。多少くどい気もするけど、誤解を招くよりはマシってことなのかな。

なんか今までは相手に察してもらう事に頼りすぎてた勘がある。語尾をしっかり言うっていうことに気をつけたいな。

====

そもそも僕は筋道立って考えるのが
苦手。

その、なんていうのかな?ものごとを論理的にではなく
ひどく感覚的に捉えているんだよね。
その証拠に何かを話す時や書くとき、僕は頭の中で考えてから実行しません。
とにかくその場その場で感覚的に動いていきます。
このように書くとひどくアーティスティックに感じられてその事自体を肯定したくもなるけど
実際は脳内を動かさないのではなくて、動かす事が「できない」んですね。
まるで脳みそがそれまで冷凍庫に入っていたかのように凍っていて動かなくなる。


思考形態って生き方そのものを反映している。
その証拠に今まで別段論理的に生きて来たっていうより、直感で生きて来てしまった気がする。


それって間違っているのかな、そうじゃないのかな。
別に生き方に正しさがあるわけじゃないけど
なんか不安。



やれやれ、変な文章。






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kafuka0206.blog48.fc2.com/tb.php/34-8567affd

0件のトラックバック

3件のコメント

[C56]

客に対して「だからなんですか?」ってのは絶対おかしいですって。
マニーさんのほうが正しいですよ☆不動産なんだから客の言いたいことわかるだろ~って僕なら切れますwwwwww



まにーさん3ヶ月も人とあまり話していないなんて…………





さすがですwww
  • 2007-02-01
  • にゃん2
  • URL
  • 編集

[C57]

論理的な話し方と感覚的なものを使い分けるようになれるのが一番いいよね。

どちらも万能ではないから。

けど、その不動産屋はバカだと思うw
まにー悪くないw
  • 2007-02-01
  • もりた
  • URL
  • 編集

[C58]

>にゃん

やっぱ、そうなのかなぁ。いや、最近そういうコミュニケーションの齟齬に対してかなり敏感だったからさ。まぁ、言われてみればあっちも客商売なんだし、もう少し丁寧な対応もあっていいよなって思う。(@◇@)

>もりた

ホントどうでも良いんだけど、最近生きる上での芸術性に関心があるんだよね。なんていうかな、つまり生きること自体がひどく芸術的に認識されるべきだと思うんだよね。趣味にしても仕事にしても常に僕達は自己を表現する必要があるじゃないかって思う。タイピングをする、計算式を解く、モノを持つ、服を着る。それら全てに対して自分なりの芸術性を求めればこの世界はもっと主体的なものになるんじゃないかって思う。

ただ、問題は表現の根底にある動機は「他者の共感」であるということ。つまり幾ら自己を表現してもそれが他者に伝わらない限り、僕達のアイデンティティは満足されない。すっごく変な言い方だけど、アイデンティティって有機的な存在なのかもしれない。それは常に拡大を求めて、他者という触媒を求めている。結局これは自分という表現主体がそれ単独ではひどく不安定なことに起因するのだと思うのだけれど、まぁとにかく人に共感されるというプロセスを経ない限りあらゆるものは無価値になってしまう。

そこで、論理の必要性が生まれてくるんだよね。やっぱし、自分の頭で抱いている心象風景を他者に伝えるには、抽象的な意味合いでの「簡素さ」が必要になる。つまり、別に論理って崇高なものではなくて、あらゆる現象を簡単化したひどく世俗的なものなんだよね。

ただまぁ、その簡素化も出来ないと意味が無いわけで、あぁホントに論理トレーニングでもやるかなって感じww

以上駄文でした。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

時、刻んでます








プロフィール

まにー

Author:まにー
東京に住んでいます。
お金無いです。
誰か寄付して下さい。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。